MEMBER INTERVIEW

執行役員 COO

Tomoki Nakamura

中村 與希

PROFILE

リクルートにて、自動車・結婚・進学・人材領域で、事業戦略策定・ブランディング・マーケティング各部門のマネジメントに従事。自動車領域ではメディア初となるブランドマネージャーを務める。 その後、新規事業開発や全社経営システム基盤構築などを担当。域で、事業戦略策定・ブランディング・マーケティングの各部門でマネジメントに従事。

自動車領域ではメディア初となるブランドマネージャーを務める。その後、新規事業開発や全社経営システム基盤構築などを担当。2021年4月より現職。

趣味:野球(月1で肘が限界)ラーメン二郎(毎週食べたい)投資

現在のお仕事とそのやりがいを教えてください

執行役員COOとして、事業全体の執行責任を負っています。

やっていることは、大きく二つ。

一つ目は、事業の方向性と角度を定めること。より事業や組織を良くしていくために、何をすべきかを考え抜くこと。

二つ目は、体の良い雑用です笑。メンバーそれぞれの強みがあるので、それを発揮してもらいながらどんどん良い仕事を出来るような環境を整えつつ、一方でみんながあんまり得意ではないことや隙間にあることを埋めていくのが自分の仕事だと思ってます。(できるできないは置いておいて)社内にある仕事は全部自分の仕事という意識で日々向き合っています。

仕事のやりがいは、事業の可能性の大きさと魅力的な仲間です。enpayはもちろん新たにチャレンジしたい新規事業も5年後、10年後の社会インフラにできる、それを創れるのではないかという可能性を感じています。様々な方からフィードバックをいただきながら、最高の仲間と世の中を良くするために一緒に進んでいけるのは最高のチャレンジだと思っています。

エンペイに入ったきっかけ

エンペイに入る直前は、自分で起業をして、コロナで困っている地方の一次生産者と二次生産者をマーケティングで支援するコンサルティングをやっていました。

自分一人でやっていましたが、五社までは価値提供が出来ても、それが十社ともなると質を高めた提案をし続けることが難しく、声をかけていただいても、困っている方々を支援できない状況になりました。

「目の前の方の役には立てているかもしれない。でもその奥にいる、多くの方には全く役に立てていない。」そんな葛藤と向き合っていたタイミングで森脇さんから声をかけてもらいました。森脇さんと仕事に対する価値観に共感できていること、エンペイのこれからの取り組みの中で、自分がやりたかった「地域活性のための仕組み作り」ができるということ、スタートアップで社会の慣習を作っていくことに挑戦できることは、自分の将来やりたいことにも繋がる魅力的な環境だったため、入社を決めました。

これまでのキャリアから学んできたこと (経歴について)

これまでのキャリアで学んだことは「ムダなことは1つも無い」ということです。新卒で2008年に株式会社リクルートに入社しました。当時すごい成長していましたが、その中心はリクナビやホットペッパー、ゼクシといったブランドでした。その中で私が配属になったのは、売上規模も比較的小さく、事業としては厳しい状況にあったカーセンサーでした。

カーセンサーでは、業績が厳しいこともあって、とにかく最小人数で事業運営してました。そのため、6年目になるまではずっと一番下のメンバーとして、飲み会の幹事やら、他の先輩の手の回らない小粒な仕事が沢山降ってきました。

当時は、「なんで俺がこんなことずっとやらないといけないんだ」と思っていましたが、沢山の仕事に触れたお陰で、いろんな仕事の裏側や、営業マンが何を感じているか、新しい商品を作ると組織のどの場所にどんな問題が起きるのかを知ることができました。飲み会の幹事ですら、場の目的設定、誰にどんな話をしてもらうのか、全員に無理のない時間や日程の調整の仕方等、とても沢山の学びを得ました。

そういった多岐に渡る細かい仕事を沢山経験させていただいたお陰で、COOとして幅広い業務に取り組むにあたる素養を作ってもらえたし、その経験が欠けて、範囲が限られた仕事ばかりしていたら、今の環境ではパフォーマンスが発揮できなかったと痛切に感じているため、どんな経験もきっと将来活かせると思っているし、無駄なことなんて1つもないと思って日々の仕事に取り組んでいます。

仕事をする上で大切にしていること

最も大切にしているのは、「社会に価値を提供できていると胸を張れるか?」という問いです。

仕事をしていると、どうしても短期目線になってしまったり、弱い自分を守ろうという意識が働いてしまうことがあります。

そんな時に常に立ち返って自分に問うのが最初の問いです。事業は自分の力だけでは当然創造できないですし、そこには、期待してくれる支援者やお客様、そして一緒にチャレンジしている仲間の想いがあります。

そういったものをしっかり受け止め、社会に最高の形で還元していけるようにしたいと思っています。

エンペイの魅力

事業の可能性と仲間だと思います。

エンペイはFintech×Saasという日本ではまだ数があまり多くないビジネスモデルで、社会課題の解決を目指しています。誰もやったことがないことに挑める環境、10年後の当たり前を創れるかもしれない期待感、それによって社会に提供できる価値の大きさ、日々活動する中で、本当に多くの方々からそういった期待をいただいて働けるのは本当にやりがいがあるなと思います。

また、それを誰と一緒にやるかも大切だと思っていますが、本当に真摯に目の前のお客様やマーケットと対峙しつつ、周囲の人にも配慮できる人が揃っているので、こんな仲間と一緒に事業を創るチャレンジができるのは幸せだなと日々感じています。

どんな人と働きたいか

素直で一生懸命な人と一緒に働きたいです!

色々なメンバーを見てきた中で、自戒も込めてですが、これらは成長するために大切な要素だと感じています。スキルも大事ですが、スキルはやっていれば付いてくるものなので、目の前のことにどれだけ本気で向き合えるかであったり、自分の限界を自分で決めず、とにかくやってみようとする意欲のある方と働きたいなと思います。

自分自身も大事にしていますが、人の意見やアドバイスも素直に聞き入れて即実行し、改善していく意欲が高い人と働くことは、お互いに高め合っていけると思います。そうした上で、サービスをより良いものにしていくことが、お客様に喜んでもらえる数を増やすことに繋がるし、事業の成長に繋がっていると思っています。そういう人は周りにいくらでもいて欲しいので、そんな人と一緒に働けたらとても嬉しいですね。

CONTACT

求人に関するお問合せ

求人に関するお問合せは、こちらからお願いします。

お問合せ